夏バテした犬の症状とは?良い食事は?我が家の対策法!

ああー暑い、暑い。

もう言葉に出したら余計に暑くなるぐらい辛い夏。

でもそれは人間だけでなく犬も同じ。

野犬やノラ猫がいるぐらいだから、人間と違って犬は暑さに強い!!なんて思いがちですが、そうでもないです。

これは勝手な推測ですが、室内犬は生まれた時から人間と同じような環境で生きてますよね?

だから元々強かった犬とは違って暑さや寒さに弱くなっていると感じられます。

実際に、犬は寒さには比較的強いけど、暑さには弱いと言われています。

うちのマルチーズも6月頃からは、「ハーハー」と舌を出して呼吸をすることが増えます。

これを読んで下さっている人たちは間違いなく愛犬家だと思います。

とはいっても、ちょっとしたことで病院に連れていっても、先生に、「暑さのせいですね・・・」っていう感じで何かしらの治療をしてもらえれる訳ではありません。

でもなんだか苦しそうにしている犬を見て、ほっておくのも辛いですよね。

ここでは、そんな犬の夏バテの症状、良い食事、対策法について書いています。

スポンサーリンク

夏バテした犬の症状とは?

夏バテした犬の症状としては、

息があらい
寝ていたりグターとしている時間が長い
ご飯を残したり、食べない
食べても吐く

このようなことがあります。

うちの犬も年をとっていることもあって、寝る時間も普段から長いのですが夏は余計に長かったりグターとしていることが多いです。

どこからが深刻なのかという判断は難しいですが、「いつもと比べて」というのが判断基準になります。

ご飯を残さないのに急に残すようになったり、嘔吐してしまうとなれば、一度病院に行って相談してみた方が良いかもしれません。

ワンちゃんを飼っている家庭ならわかると思いますが、犬ならたまにご飯を残したり、嘔吐することはありますよね?

でもそれがいつもと違って、続くようであれば、それは何かしらの不調を起こしている可能性が高いと考えてあげて下さい。

夏バテした犬に良い食事とは?

人間もそうですが、夏バテすると食事が出来なかったり、残してしまうことがありますよね??

犬も同じです。

たまにであれば大丈夫かもしれませんが、2日とか続くようであればこれは問題です。

人間もそうですが、夏バテして食欲がない時は、あっさりしたものに変えてみたり、とりあえず軽いものだけでも口にしたりしますよね?

犬も同じ気持ちですが毎日同じ食事が続きます。

「こんなもん食えるかー!!!」

と内心思っているかもですね。

だからこれを機会に犬好みの食事に変えてあげるのも良いかもしれませんね。

犬はタンパク質が一番消化にいいので、人間色の肉、例えば胸肉を少し焼いてあげて食べさせてあげると喜びます。

ただあまり続けると確実にドッグフードに戻れなくなるので、おすすめはタンパク質が多めのドッグフードをあげること。

市販のドッグフードはほぼ間違いなく、とうもろこしと麦(炭水化物)が多いものになっているので、このナチュラルドッグフードがおすすめ。

犬に理想的なタンパク質、脂質が中心で作られたドッグフードで、獣医さんにも推薦されています。

我が家でも、夏だけと思っていたらもはや普段もこのドッグフードになっていました汗

ワンちゃんが美味しそうに食べる姿を見たら多少高くても、「変えてよかった」と思えますよ^^

夏バテした犬の我が家の対策法!!

我が家のマルチーズも夏バテに毎年なります。

すでに15歳を超えているので、多分その辺のワンちゃんよりもかなりキツイと感じていると思います。

そんな我が家で行なっている夏バテした犬の対策法について書いていきます。

水を変えてあげる

人間だったら夏になると、いっぱい水分をとりますよね。

それは犬も一緒なのですが、なぜかハーハー言っているのに水をあまり飲まない。

こんなワンちゃんも多いのではないでしょうか?

でもそれも食事と同じで、「美味しくない」っていうのがあります。

あえていい水をあげる必要はないですが、こまめに水を変えてあげるっていうのをしています。

だってヌルい水とか何時間前に入れられた水って嫌じゃないですか?

それは犬も一緒です。

だからなくなっていなくても、気づいた時に水を変えてあげるだけでも犬は喜びますよ!!

家に誰もいない時も除湿を

人間が暑い時は冷房をつけますが、さすがに犬だけのために冷房をかけるのは抵抗がありますよね・・・

ほとんどの家庭は、家に誰もいない時はまず冷房をつけていないと思います。

でもそんな暑い家の中ではずーっと犬は一人ぼっちです。

スポンサーリンク

だから電気代が気になるところですが、節約できる除湿だけでもかけて出ていってあげるといいです。

我が家でも、日中はほとんど家に誰もいないのですが、せめて暑さのピークである12時から15時の間だけは、除湿をタイマーでかけてあげています。

電気代も気になるところですが、最近の冷房で、しかも除湿程度であれば大したものじゃありません。

我が家では、犬のための貯金箱を置いていて、気がついた時でも家族で10円とか入れています笑

「わんちゃん貯金です笑」

でもたった数十円を毎日入れてあげるだけでも家に誰もいない間の冷房代になりますのでおすすめです。

ひんやりマットをおく

実は犬用のひんやりマットというものがあります。

安いものだと2,000円以下のものもあります。

 

ただ、そこまでするのもちょっと・・・っていうのもありますし、めちゃくちゃ冷たいって訳でもないので、我が家では氷枕??的なものにタオルを巻いて置いてあげていることもあります。

最近は見かけなくなりますが、良くありましたよね。凍らして使うやつ。

今でも家庭に1つは置いているところも多いのではないでしょうか??

そうしたものにタオルをくるんであげて、いつも犬が寝ているところに置いてあげると、気持ち良さそうにその近くで寝ているので可愛いですよ^^

まとめ

夏バテした犬の症状や、食事、対策法について書いてきました。

お金をかける方法もあればかけずにちょっとした工夫でできるものも紹介しました。

犬は人間と違って、状況に合わせて何かをするということができません。

そう考えたら、ちょっとした犬への優しさもしてあげようと思えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。