神戸花火の日程は?最寄駅は?おすすめスポットは?

花火大会って大阪にはいっぱいあるけど神戸にはあんまりないよね・・・なんてため息をついている人も多いのでは?

いえいえ、神戸といえば、みなとこうべ海上花火大会があります。

大阪の淀川花火やPL花火に負けないぐらいの迫力、綺麗さのある花火大会です。

何といっても神戸の花火の魅力は、神戸の圧倒的な夜景を一緒に花火が楽しめるところがポイントです。

花火がない時でも観光客がその夜景を楽しみにくるスポットですからね。

そんな日本屈指の夜景と迫力満点の花火が一緒に見れるのはここ神戸だけです!!

ただ神戸港の海上で打ち上げられる花火となると、それだけ色々なところから見ることが出来ます。

色々なところから見れるのは嬉しいことですが、

 

「どこが一番良く見えるの?」

「混んでないのはどこ?」

 

かえって悩んでしまうこともあります。

ここでは神戸花火の日程、最寄駅、おすすめスポットについて詳しく書いています。

スポンサーリンク

神戸花火の日程は?

みなとこうべ海上花火大会の詳細です。

 

 

日程:8/5 19:30〜20:30 土曜日(雨天決行、荒天中止)

打ち上げ場所:神戸港

打ち上げ数:15,000発

 

大阪でも人気の天神祭の花火が5,000発なので、その3倍もあるんです。

神戸も決して負けてないですね!!

初めて行く人もまずはこの神戸花火の動画を見て気分を高めていって下さい!!

何度見ても神戸の夜景が組み合わさってこそ出せる花火ですね!!

神戸花火の最寄駅は?

神戸花火の最寄駅はどこなのでしょう?

これはどの花火大会でもあることですが、ネットなどを見ても「自分に合った最寄駅や観覧場所がわからない」っていうことです。

まずは神戸花火のざっくりとした全体像を知っておきましょう。


赤:打ち上げ場所
黒:主な観覧スポット
青:最寄駅

となっています。

わかりにくいですかね汗 一応わかりやすいと思ってまとめてみたのですが。

でもこのマップを見てもらうとわかるのですが、花火が神戸港で打ち上げられて、それを囲うように、黒の4つのスポットが王道の観覧スポットになっています。

あとで詳しく話しますが、最寄駅でいえば、JR神戸駅、各線三宮駅、JR、阪神元町駅、ポートライナー中公園駅となっています。

神戸花火のおすすめスポットは?

神戸花火のおすすめスポットはずばりさっきマップに書いた4つのスポットです。

ただそれぞれのスポットで混雑状況など違いがあるので、行き方なども含めて詳しく書いていきます。

さっきの全体像のマップと照らし合わせながら見てもらうとよりわかりやすいと思います!!

 

新港第1〜4突堤

上のマップで数字をふっていると思うのですが、1から4の突堤があります。

三宮駅から南に向かうとそれぞれの堤防に向かうことができるのですが、新港第1突堤が打ち上げ場所から近いこともあり、混雑します。

屋台も多く賑わっているところですね。

第1では有料席もあるのでゆったり見たいという人は→こちらでチケット情報などがありますので確認しておくといいですよ。

まあ初めてならいきなり有料席っていうのもちょっと抵抗ありますよね。

大丈夫です。人気の第1突堤も無料で見れるスペースがありますし、新港第4突堤も広く無料の観覧スポットがあります。

混雑など考えたときに知っておいた方が良い目安の時間帯を書いておきます。

新港第1突堤は、18:30頃には出入り口付近で混雑が始まるのである程度良い場所をとりたい人はこれより前にはついておきたいところ。

ただ屋台を楽しみながら、場所をとれなくても、とりあえず見れたらいいって人は19:00頃でも大丈夫です!!

一方、第4突堤は、空いているのかと思いきや有料席でスペースが限られる第1や第2を外してくる人で、ガラガラという訳ではありません。

ただ18:00頃だと十分にスペースが空いてるので場所取りもしっかり出来ます。

スポンサーリンク

19:20頃になるとスペースが埋まってくるので、19:00頃にはついておきたいところです。

奥の方ならスペースが空いてることもあるので、遅くなってしまった人も諦めずに奥まで探して見ると良いですよ!!

三宮から第1突堤への行き方

 

メリケンパーク

メリケンパークも毎年人気のスポットなので早い時間から混雑が始まります。

元町駅から会場まで徒歩で20分程度。

17:00頃には駅の段階で混雑が始まっているので、16:30頃にはついていた方が移動がスムーズです。

メリケンパーク自体は、海に近い一番見やすいところは、17:30頃には埋まってしまっているので、後ろの方から見るか、もっと早くに着いていることがポイントです!!

18:00になると後ろの方も埋まってしまってきています汗

屋台も行列が出来ているので、やっぱり早めの到着がポイントですね〜

UMIE MOSAICエリア

MOSAICは17:00には入場規制が入るのが特徴です。

16:00には最寄りの神戸駅で混雑が始まってきます。なのでその前に到着しておくのがポイント。

17:00にMOSAICの入場規制があるので、16:45頃では駅からMOSAICまでの道も混雑しているので思ったようにすすめなくなります。

MOSAICエリアで見るならとにかく早めに行って、時間を潰しておく!!これが得策です。

神戸駅から徒歩で10分程度です。

ポーアイしおさい公園

ポーアイしおさい公園は、この4つの中でも混雑が一番少ないスポットです。

とはいってもしっかりと神戸の花火が見れるので個人的に一番おすすめ。

ただポートライナーを使わないといけないので、そこが少し難点。

18:00頃から最寄りのポートライナー中公園駅からしおさい公園への道も混雑が始まってくるのでそれまでについているのが理想。

打ち上げ場所に近い北側から埋まってくるので、南側にいくと空いたスペースが見つけやすいです。

徒歩で15分ぐらいです。

まとめ

神戸の花火大会に初めていく人が「どこにいけば見られるのか?」というのが一目でわかるように書いてきました。

最寄駅や観覧するスポットは、行きやすい駅であったり、花火に行く前にどこかで遊ぶことも考えて決めると良いですよ!

神戸の観光も一緒にしたいって人や、ゆったり花火を見たいって人が自分に合った場所を選べるのが神戸花火の特徴ですね!!

 

 

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

淀川花火は西中島南方の混雑は?屋台は?穴場は?

淀川花火で海老江の混雑状況は?屋台は?トイレは?

琵琶湖花火大会2017のアクセスは?穴場は?有料席は?

淀川花火のパノラマスタンドおすすめは?トイレは?最寄駅は?

NO IMAGE

天神祭の花火の打ち上げ場所は?最寄駅は?混雑状況は?

淀川花火塚本での混雑状況は?屋台はある?穴場は?