飛行機にライターは持ち込みok?ana国内線スカイマーク等を解説!

喫煙者からすれば、ライターとタバコは必需品。

飛行機に乗る時も直前まで吸っていたいものですよね。

でも飛行機の手荷物検査や持ち込み検査などで引っかかったら嫌ですよね汗

ここでは、

飛行機にライターは持ち込んで良いのか?

anaや国内線、スカイマーク、ジェットスターなどの格安航空

 

それぞれについて詳しく書いています。

スポンサーリンク

飛行機にライターは持ち込んで良い?

anaや国内線、格安航空それぞれを調べてみたのですが、基本的に

預け入れ→ライターの持ち込みNG

機内→ライターの持ち込みOK(1つまで)

だそうです。

ようはポケットに入れて機内に持ち込む分であれば、ライターは持ち込んで良いということです。

これは、僕が最初に話してたように「飛行機に乗るギリギリにタバコを吸っておきたい」という喫煙者への配慮からだそうです。

ただ少し注意が必要で、ターボ式のライターは手荷物、機内共に持ち込みがNGとなります。

シュボーってつける、風が吹いても消えないライターですね。

便利なので普段使ってる人も多いですよね。飛行機に乗る時は違うライターを使うようにして下さい。

ジッポやデュポンは飛行機に持ち込める?

航空会社の決まりでは、吸収剤(綿)が入ったオイル式のライターなら持ち込んで良いと書かれています。

なのでジッポは持ち込んで良いということですね。

また、デュポンはガス式なので大丈夫です。

(1人1つまで)

繰り返しになりますが、ターボ式のような強力な火(青い炎)が出るようなライターは持ち込んではいけません。

スポンサーリンク

国内線やANA、スカイマーク(格安航空)などで違いはある?

航空会社によって違いはあるのでしょうか?

調べたところライターの持ち込みに関しては各航空会社で違いはないようです。

スカイマーク

以下の小型で携帯型のライターは、お一人様につきいづれか1個を機内に持ち込むことが可能です。

・吸収剤(綿)入りのオイルライター
・使い捨て、またはガス充填式のガスライター
・安全マッチ

※「プリミキシングライター」(ターボライターまたはジェットライターともいう)や、「マーベラスライター」などのタンクにオイルを溜めて着火を行うタイプのライターは、機内への持ち込み、お預け共にいただけません。

引用元:スカイマーク

ANA

お持ち込み・お預かりができないライター

  • ※オイルタンク式ライター、葉巻用ライター、プリミキシングライター(ターボライター、ジェットライター、ブルーフレームライター等)は、機内へのお持ち込みもお預かりもできません。
  • ※ライター用燃料(ガス・オイル)は、機内へのお持ち込みもお預かりもできません。

引用元:ANA

お土産のライターは飛行機に持ち込める?

タバコを吸うためじゃなく、お土産用にライターを持って帰りたいという人もいるでしょう。

残念ながらこの場合も規則通りです。

なので、預ける荷物としては持ち込めません。

もし持ち帰りたい場合は、1人1つまでの原則にのっとらなければいけません。

3人なら3つまでといったように一緒にいる人数分までしか持って帰れないということですね。

まとめ

飛行機にライターが持ち込めるのかどうかを、国内線やANA、スカイマークなどそれぞれ見ていきました。

機内への持ち込みはOKだけど、預け入れはNGというのが意外でしたね。

ただターボ式のライターは持ち込みNGとなるので、愛煙家の人も飛行機に乗る時だけは使い捨てのライターを持つように注意して下さいね。

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジェットスターが欠航した場合の払い戻しや振替え方法!

LCCの欠航率や振替、払い戻しの対応について詳しく紹介!