アウトドア

バーベキューの炭の違いやおすすめ!黒炭・マングローブ炭・オガ炭等

バーベキューといえばお肉が散々食べられるただただ嬉しいイベントですよね。

でも大人になると自分たちで準備をしないといけないし、色々と頭を抱えているお父さんも多いのではないでしょうか?

その中でも必ず必要になるのが炭です。

でもこの炭一つとっても、色々な価格帯なものがあり、種類があります。

「どれを選んだら良いんだろう?」と思いますよね。

ここではそんな

バーベキューの炭の種類や違い

必要になる炭の量

について詳しく書いています。

バーベキューで失敗しないために必ず頭に入れておいて下さい。

バーベキューの炭の種類にはどんなものがある?

バーベキューの炭といってもいくつか種類があります。

ホームセンターで良く見る炭で値段が違うものには実は理由があるのです。

まずはしっかりと特徴を抑えておきましょう!!

マングローブ炭

バーベキュー用の木炭としてホームセンターで売られているのはほぼこのマングローブ炭と言われるものです。

大きさも一つ一つバラバラですね。

特徴
火が付きやすい反面、時間は持ちにくい
灰や匂いが出やすい
安い

黒炭

ある程度は値を張りますが、マングローブ炭のデメリットをかなりカバーしています。

一番バーベキューに使うには勝手が良いのが黒炭です。最も適していると言っても良いでしょう。

特徴
火が付きやすく、長持ちする
灰が匂いが少ない
高い

白炭、備長炭

炭の中でも高級品な部類にあたるのが白炭、備長炭。

火の持ちがかなり良いのが特徴。

ただ火付きがしにくく、非常に高価なのでバーベキュー用にはおすすめしません。

オガ炭

備長炭に特徴は似ているが、コスパが高いのがオガ炭です。

オガ備長炭と呼ばれるものもあり、火の持つ時間が長いのに安いです。

形がデコボコしていないのも特徴ですね。

特徴
火がつきにくいが、時間は長持ちする
灰や匂いが少ない
安いものから高いものまである

バーベキューの炭でおすすめは?

バーベキューの炭の種類について書いてきましたが、これらで最もおすすめなのが黒炭です。

少し値は張るといっても、安いマングローブ炭に比べて火が長持ちするので、結果、少ない量で足りるので思ったより安くすむかと思います。

またさっき言ったように火持ちが良いだけでなく火付きが良いので、あまり慣れてない人でも簡単に火をつけることが出来ます。

人気なのがこの岩手石灰です。

バーベキューに必要な炭の量について

炭の量の目安は時間やコンロの大きさで考えると良いです。

例えば、家族4人なら3キロから4キロぐらい。大体3時間程度を想定。

またコンロを2つ使う場合。家族3組(大人6人子供5人など)で5時間やると想定すると10キロぐらい。

といったように、人数によってコンロの大きさや台数が変わるでしょうし、時間も変わってくると思います。

1時間で1キロ、大人1人で1キロと言われていますが、上で書かれたようなことをイメージして炭の量を決めるとムダが少ないかと思います。

安いマングローブ炭を使うなら上の量が必要かもしれませんが、黒炭の場合であれば家族4人で3キロだと十分すぎるといった声も多いです。

ただ余っても次に使えるので余裕があるぐらいが一番安心できるかと思います。

まとめ

バーベキューの炭でどれを使えば良いのかがわかったかと思います。

意外と何も考えずにただただホームセンターで見つけたものを買っていた人が多いと思います。

でも数百円多く出すだけでもグッと質の高い火を起こすことが出来ますし、安心して肉を焼くことが出来るんですよね。

消えないように注意しないといけないとどうしても安心してお肉を焼いたり食べることが出来ません。

気持ちよくバーベキューをするためにもぜひ参考に炭を選んで下さいね!!

-アウトドア

© 2021 メル吉のハテナだらけ Powered by AFFINGER5