アームーカバーはUVカットに効果ある?選び方は?おしゃれなものは?

夏になると気になるのが紫外線。

顔には入念にUVカットできる日焼け止めを塗っているって人も多いと思います。

でも、海やプールに行ったり、外でバーベキューをするっていう本格的に日にあたる時以外は、いちいち体にまで日焼け止めを塗るのって面倒じゃないですか???

子供の送り迎えで外に出る時やちょっとした買い物で外に出る主婦さんからすれば、そのためにわざわざ腕に日焼け止めを塗るのって面倒ですよね。

それに、一度塗ってすぐ家に帰るのに、腕がべたついたままだと何だか気持ち悪いし、嫌になりますよね。

そんなちょっとしたお出かけの時に使えるアームカバーを1枚は持っておきたいところです。

でもそもそもあんなちょっとしたもので本当に効果があるの??

って思う人も多いのではないでしょうか?

それに、アームカバーって何だかおばさん、ダサいってイメージが大きいですよね。

ここでは、そんなアームカバーの効果や、選び方、おしゃれなものについて詳しく書いています。

スポンサーリンク

アームカバーはuvカットに効果がある?

アームカバーってそもそもUVカットに効果があるの?っていう疑問にお答えします。

でもこれって結論からいえば、「効果はある」って言いきれます。

例えば、水着焼けして水着をつけてないとこだけ黒くなって、水着のとこだけ白くなるってことありますよね?

Tシャツ一枚着てるだけでも子供の時に良く、肩らへんに一本線を引くように境界線ができてませんでしたか?笑

あれを考えれば、アームカバーで効果がない訳がないんです。

紫外線対策用に作られてないTシャツですらそれだけUVカットができてるんですから、それ用に作られたアームカバーならもっと効果が期待できるのは想像しやすいですよね。

とはいって、どうせならしっかりと効果があるものを選びたいですよね。

アームカバーの選び方について書いていきます。

アームーカバーの選び方とは?

アームカバーにもうUVカットに効果が強いもの、弱いものっていう特徴があります。

色や素材によって紫外線をどれだけ通さないかっていうのが変わってくるので、その2つについて書いていきます。

色でおすすめは?

紫外線を最も通さないのは、黒です。

黒だと1.7%しか紫外線を通さないので、もはや最強ですね汗

アームカバーを着けている人も一番黒が多いイメージがあるのもそれが理由なんですね。

「でも黒だと重たいイメージが・・・」

って人もいると思います。

そんな人なら、青、ピンク、黄色っていうのも紫外線を通しにくい色となってます。

一番通しやすいのが白!!

涼しげなイメージがある白ですが、紫外線を20%程度とおしてしまうので、気をつけたいところですね。

素材でおすすめは?

紫外線を防ぐ素材としては、「ポリエステル」が一番です。

UVカット用にUVカット素材になっているものもあるので、当然そういったものの方が紫外線をよりカットしてくれます。

あとは、素材というより、作りの部分でいえば、手首までのものより手の甲まで完全に覆ってくれるものの方がより手の甲までカバーができますね。

最近では、UVカット率が記載されているアームカバーも増えているので、そちらも参考にして選ぶと良いですよ!!

アームーカバーでuvカットできるおしゃれなものは?

アームカバーっていうとダサいものが多いイメージが・・・

これはあながち間違いではないですね汗

ただ、最近ではおしゃれで可愛いものも増えています。

スポーツ用などは別ですが普段使いにできるおしゃれで可愛いアームカバーを紹介します。

ボーダー、ワンポイント、カラー、ショート丈などとにかくデザインが豊富です。

→デザイン豊富なアームカバー

猫柄があったり、遊び心満点で思わずつけるのが楽しくなっちゃいます。

スポンサーリンク

ショート丈もあるのでファッションに合わせて使うこともできます。

シンプルながらも5種類のデザインから選べるアームカバー

 

落ち着いたシンプルな色が多いので、服を選ばないアームカバーです。

お子さんがいる主婦さんに優しい色使いです。

アームカバーについて紹介してきましたが、車の運転や自転車の運転などとにかく腕の日焼け対策は重要です。

スカートを履いたり、首のちょっとした露出も本当をいえば、しっかりとしたUVカット対策をしたいところです。

ただ完全防備をしている人をたまに見かけますが、さすがに下町のおばちゃんみたいに周りの目を気にせず、そこまではできないって人も多いですよね。

でもしっかりとした紫外線対策を、手間かけずにしたいって人は、飲む日焼け止めサプリがおすすめです。

→このホワイトヴェールなら、シミやシワの原因となる年中降り注ぐ紫外線から守ってくれます。

さっき言った無防備になりがちな首であったり、目からの紫外線にもしっかりと対策をしてくれます。

夏場やくもりでも実は紫外線は降り注いでいて、その対策ができてないから将来的なシミやシワができてしまう人が多いです。

ぜひ後になって、「シミがやばい!!」ってことにならないように今からでもケアをしておきたいところですね。

まとめ

アームカバーがUVカットに効果があるのか?、選び方、そしておしゃれなものまで説明してきました。

わりと気にせず腕を出して、外に出ている人も多いですが、後で後悔する人が多いです。

日頃のケアをアームカバーでしっかりとして、後悔ない年の取り方をしたいですね!!

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

紫外線対策は室内でも必須!仕事中の屋内でも、出来る簡単な方法とは?

日焼け止めspfとpaの違いは?低いとどうなの?50は肌に悪い?

日焼け止めノンケミカルは効果が低い?SPF50はある?石鹸で落ちる?

日焼け止めノンケミカルは肌に優しい?SPF50は強すぎる?PAは?

シミは日焼け止めだけだけではダメ?美容液でも?食べ物も重要?