ノロウイルス予防を子供にするなら?正しい手洗い方法は?食べ物は?

下痢や吐き気や嘔吐。これって一番辛くないですか?

熱が出たり、咳や喉が痛いっていう風邪やインフルエンザも辛いですが、消化器症状が強く出るノロウイルスもかなり辛い病気です。

子供を持つ親として、そんな辛い思いを子供にさせたくないですよね。

でも大人以上に、学校で集団生活をしている子供は感染しやすいのが心配な点です・・・

一度かかってしまうと特に出来る対処法もないのがノロウイルスの特徴です。

それなら、大事なのはとにかく予防!!

ここではそんな子供をノロウイルスから守るための予防法、正しい手洗い法、良い食べ物について紹介しています!!

スポンサーリンク

ノロウイルスの子供にできる予防法!

ノロウイルスに子供がかからないための予防法は大きく分けて2つあります。

1、子供自身に徹底させる
2、ママがしてあげられることをする

この2つですね。

順番に話していきます。

1、子供自身に徹底させる

インフルエンザでもそうですが感染するような病気は、とにかく手洗い、うがい、マスクをするといった基本的なことを徹底するのが大事になります。

とはいってもこんな当たり前のことを今さら言われてもって感じだと思うので、ノロウイルスの感染経路の特徴を知って、より突っ込んだ知識を知っておきましょう。

ノロウイルスは、色々なことから感染すると言われていますが、ほとんどは接触感染(経口感染)です。

これは、感染した人の嘔吐物や便を手で触れてしまって、それを口にしてしまうことで感染してしまうということです。

「いやいや、ただでさえそんな汚いものは触らないのに、ましてや・・・」

はい、おっしゃることはわかります笑

看病で子供の嘔吐物を処理するなどでない限り、普通はそういった汚物を触ることはないですよね。

でも例えば、感染者が使ったトイレを後から使ったり、また感染した人が嘔吐したり便をした時にそれが手に付着してしまい、上手く手を洗えてない場合は、ドアノブや触った色んなところに菌が付着します。

ここから移ってしまうことも多くあるということです。

でもさすがに外にあるものを一切触らないとかトイレを使わないってことは不可能ですよね??

だから大事なのは、そういった菌がついてしまっていても、口に入れないということです。

なので、食べる前にしっかりと手を洗う。

これが一番の予防法になります。

インフルエンザでは手洗いと共にうがいやマスクが重要だったりしますが、ノロウイルスではとにかく手洗いです。

後からこの手洗い法について詳しく触れますが、ノロウイルスから子供を守るための一番大事な方法として、まずは頭に入れておいて下さい。

2、ママがしてあげられることをする

子供自身に徹底させることとして手洗いが大事だと話してきましたが、出来る限りのことをママ自身がしてあげたいと思いますよね。

最初に言っておくと、ママが気をつけることはとにかく「自分が感染しない」ことです。

感染した人が作った料理を子供に食べさせることが一番感染させるリスクが高まります。

だからまずは自分が感染しないためにもさっき子供に徹底させた手洗いを自分も徹底するということですね。

それ以外でいえば、加湿器に→この空間清浄液を入れると良いです。

スポンサーリンク

実験でも大きな効果が認められていますし、実際に使った人もノロウイルスの予防が出来ていると評判です。

後は、食べ物などでノロウイルス予防になるものはないかということですが、それも後のところで書いているので、このまま読み進めて下さい。

ノロウイルスにかからない手洗い方法とは?

ノロウイルスにかからないための手洗い方法を知っておきましょう。

ノロウイルスが厄介なのは、アルコールでは消毒できないってことです。

インフルエンザ予防のために良く病院や図書館など公共機関の入り口にアルコールが置かれていたりしますが、残念ながらノロウイルスはアルコールでは殺すことができません。

ノロウイルスは塩素系漂白剤でしか殺菌できないと言われています。

ただ塩素系漂白剤は汚物処理や掃除するのには薄めて使えますが、強力すぎて、手を洗うのには使えません。

なので、手を洗う場合は普通に石鹸やハンドソープでも大丈夫なので、菌を殺すのではなく洗い流すことが大事です。

落とすっていうイメージですね。

最低でも30秒以上、爪の間や指の間もしっかりと揉むようにして洗いましょう。

大事なのは、

・食事前
・トイレ後

この2つのタイミングでしっかりと手洗いを欠かさないことです。

ノロウイルス予防に良い食べ物とは?

ノロウイルス予防に良いとされている食べ物にはどういったものがあるのでしょうか?

どうやら今最も良いとされているのが、

ヨーグルト

だそうです。

ただどれでも良い訳じゃなく、「ラクトフェリン」が入ったヨーグルトを選ぶのが大事です。

今だと普通に「ラクトフェリン」と大きく書かれたヨーグルトも売られているので簡単に分かります。

このラクトフェリンがウイルスが入ってこないように膜をはってくれたり、腸の状態を良くしてくれる菌を増やす働きがありあす。

実際にある幼稚園でもこのラクトフェリン入りのヨーグルトを食べることで、感染が減ったという実例もあるそうなので、試す価値は十分にありそうですね。

まとめ

ノロウイルスを子供にかからせないための予防法について書いてきました。

今まで漠然と手洗いやうがいを子供にさせてきたお母さんも、何をしてあげて、何をさせれば良いかっていうのが明確に見えてきたのではないでしょうか?

かかった時はかかった時ですが、出来るだけ予防法をしてあげておきたいところです。

今シーズンはノロ知らずの家庭にしましょう!

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

足のむくみの原因は何がある?病気の可能性も?何科が良い?

ハズキルーペの種類や後悔しない選び方!最安値で買える場所も紹介

インフルエンザ家族がうつる確率は?いつまで?うつらない方法は?

吐き気があればインフルエンザb型?他の症状は?胃腸炎との違いは?

インフルエンザの検査は熱下がってからは意味ない?再検査は必要?

インフルエンザは検査に出ない事も?陰性なら会社に行って大丈夫?