病気や健康

ノロウイルス家族にうつさない方法!感染する確率は?再感染もある?

冬になると心配になるのが流行る病気ですよね。

寒いから風邪はひきやすくなりますし、インフルエンザなんかも急激に流行し始めます。

でも一度はなったことがある人なら知っていると思いますが、ノロウイルスがめちゃくちゃしんどいんですよね。

口からも下からも止まらなくなるし、身動きがとれない状況が続きます。

そんなノロウイルスですが、感染力が非常に強いので、家族がかかってしまうとどうしてもうつらないかどうか心配になりますよね。

うつさないためにどういったことに気をつければ良いのでしょうか?

また感染する確率はどれくらいなのでしょうか?治っても再感染するってことはありえるのでしょうか?

こちらで詳しく書いています。

ノロウイルス家族にうつさない方法は?

ノロウイルスは感染力が強いと言われていますが、その理由として感染する経路が多いことがあります。

・飛沫感染
・接触感染
・空気感染

この3つの経路があります。

インフルエンザなどは、ほとんどが飛沫感染だと言われてますが、ノロウイルスは3つも感染経路があるんですね汗

そらー感染しやすい訳です。

でも具体的にはどういったことが原因で感染しやすいのでしょうか??

家族内で感染しやすいケースをあげていきます。

トイレ

おそらくこれが一番多いです。

というのも、ノロウイルスにかかると嘔吐、下痢になります。

これって全てトイレでしますよね??した後は流すんですが、それでも菌は残ってしまいます。

それに、流す時に空気中に飛び散りますので、それが服や手につくことで、そこから感染する可能性もあります。

ドアノブ

感染した後がトイレを出た後に十分に手を洗えてないことなどが原因で、ドアノブに菌が付着してしまいます。

また、感染した人の吐瀉物などを処理した人がドアノブに菌を付着させてしまうこともあります。

お子さんなどはトイレでなく、吐いてしまうこともあるかと思うので、その場合は注意が必要です。

料理

これは、ノロウイルスに感染したお母さんや、感染したお子さんの看病をしたお母さんが料理をするケースです。

どうしてもお母さんが料理をする家庭が多いと思いますが、この場合は、その料理を口にすることで感染する可能性が高いです。

家族にうつさないためには?

どういったシチュエーションでノロウイルスを家族にうつしてしまうことが多いのかがわかりましたね。

ではどういった対処法があるのでしょうか?

一番は、

・トイレ、ドアノブなどの除菌
・手洗い

この2つです。

トイレなどの掃除方法

ノロウイルスはインフルエンザなどと違って、アルコール消毒では効かないと言われています。

なので、次亜塩素酸ナトリウムといった漂白剤を使います。

そのまま使うと強力すぎてトイレや消毒する場所が変色したり傷つけてしまうので、薄めて使います。

その場合は500mlのペットボトルのキャップ半分程度に漂白剤を入れて、ペットボトルに少し水を入れて混ぜます。

しっかり混ざったら、あとはペットボトルいっぱいに水を足したら消毒液の完成です。

(0,02%が良いと言われています。)

消毒液で手が荒れたり、残った菌で感染してしまうのを防ぐためにも使い捨ての手袋などを使って掃除しましょう。

掃除したい箇所に消毒液を少しかけて、トイレットベーパーで拭き取ってあげるだけで大丈夫です。

手洗い方法

手洗いはいつもどおりの石鹸やハンドソープで大丈夫です。

ただし、爪の間や指の間などしっかりともみながら洗い流すようにして下さい!

ノロウイルス家族で感染する確率は?

ノロウイルスを家族にうつさないための方法について話してきましたが、実際家族内で感染する確率はどの程度あるのでしょうか?

様々なところを調べたのですが、ノロウイルスが家族内で感染する確率は○%です!っていうデータはありませんでした。

ただやはりその感染力は強く、人から人への感染力はとにかく高いのが特徴ということです。

学校や老人ホームなどでの集団感染が多いとのことなので、もっと狭い範囲で生活することを考えると家族内での感染する確率はそれよりも大きいかもしれませんね汗

ノロウイルス家族で再感染することはある?

すでにノロウイルスに感染して、せっかく治ったのに、誰かにうつってまた自分に戻ってくるということはあるのでしょうか?

これは結論からいえば、半年から数年はないと言えます。

なので、家族内で回り回って短期間で再感染することはないと思ってもらって大丈夫です。

というのも、同じ種類のノロウイルスには一度かかれば多少なりとも免疫がつきます。

その期間が個人差がありますが、半年から数年程度と言われているので、同じシーズンで2回かかるということは考えにくいということですね。

でも注意が必要なのが、ノロウイルスにも種類があるので、違う種類だと免疫がついておらずかかってしまうことがあるということです・・・

これだけは避けたいですね汗

まとめ

ノロウイルスを家族にうつさないための方法、感染する確率、そして再感染はありえるのか?ということについて話してきました。

確かに感染力が強く恐ろしいウイルスではありますが、しっかりとした消毒をしておけば、死滅しやすい菌です。

何といっても手洗いが一番重要で、それだけでもかなりの予防が出来ると言われています。

同じ家族が感染してしまえば心配ではありますが、同じトイレを使うなら、とにかくトイレ後は手を洗う、そして食事前にも手を洗うということを徹底しておけばかなり予防効果が上がります。

ここで書いたことを参考に実践してみてください。

-病気や健康
-,

© 2021 メル吉のハテナだらけ Powered by AFFINGER5