病気や健康

インフルエンザ予防接種は妊婦初期は胎児への影響が?感染の方が危険?

インフルエンザに誰もが感染したくないですが、妊婦さんであればなおさらですよね。

そのために予防接種を打ちたいところですが、そもそも妊婦で打てるの?と疑問に思いませんか?

それに、ネットなどで妊娠初期だと予防接種は危険だ!っていう声も見かけます。

実際のところはどうなんでしょうか?

ここでは妊婦さんへのインフルエンザの予防接種の影響、胎児への影響、初期でも大丈夫なの?といったことについて詳しく書いています。

インフルエンザの予防接種は妊婦初期が危険?

まずはインフルエンザの予防接種は受ける時期によって危険度が変わるのかってことについて書いていきます。

ただ、結論からいえばインフルエンザの予防接種は妊婦の時期によってのリスクは変わりません。

あとのところでも話しますが、そもそも妊婦への予防接種の安全性についても認められています。

ではなぜ妊婦初期への予防接種が危険といった声があるのでしょうか?

それは病院によっては、妊娠初期の妊婦にはインフルエンザの予防接種を打ちたがらないところもあるからです。

もちろんさっき言ったように安全性が認められてはいるのですが、妊娠初期というのは何もなくても流産の発生率が高い時期です。

そのため、この時期に予防接種を接種して、万が一流産が起きた時に、その責任をワクチンや医師のせいにされるのではといったことを危惧するところもあるのかもしれません。

非常にナーバスになる時期でもありますし、そういった状況も踏まえて、すすめないところもあるようですね。

インフルエンザの予防接種は妊婦だと胎児への影響がある?

インフルエンザの予防接種を迷ってる妊婦さんも、胎児への影響がないとわかれば安心して接種出来ますよね。

ですが妊婦へのインフルエンザワクチン投与に関してこのように言われています。

妊婦へのインフルエンザワクチンに関しては安全性と有効性が証明されています。昨シーズンの新型インフルエンザワクチンに関しても、妊婦における重篤な副作用報告はありませんでした。チメロサール等の保存剤が含まれていても安全性に問題はないことが証明されています。

引用元:日本産科婦人科学会

要するに妊婦に投与しても安全だということですね。

むしろ、妊婦の時に予防接種を受けることで赤ちゃんにも免疫ができるといったことも報告されているようです。

とはいっても今まで予防接種を受けてなかったけど、インフルエンザに感染したことがないって人であれば、わざわざ妊婦になって初めて打つのも不安ですよね。

もし妊婦でインフルエンザにかかってしまった場合どういった危険があるのでしょうか?

インフルエンザは妊婦に感染するとどういった危険がある?

普段でもインフルエンザに感染すると重症化するケースもあるので、危険な病気なのが特徴です。

ですが、妊婦がインフルエンザに感染すると重症化しやすいケースが多いようです。

これは、胎児へも栄養が取られていることや、体調が乱れやすい状態というのは大きな原因と考えられます。

ただ、インフルエンザの胎児への影響というのはないようです。

それに、感染した場合の抗インフルエンザ薬なども普通に使えるそうなので、そこまで心配はないようですね。

とはいっても、重症化してしまうと危険なので、妊婦であるなら、より早く治療を開始することが重要だと言えます。

まとめ

インフルエンザの予防接種が妊婦、胎児へ与える影響などについて詳しく書いてきました。

予防接種はネット上でも様々な意見が飛び交っていますが、公式なところからの情報では、妊婦限らず「安全で有効性も認められている」ということです。

もし感染した場合でも予防接種を打っていることで、症状が軽くなるケースも多いようなので、出来る限り打っておいた方が良さそうですね!!

-病気や健康
-, ,

© 2021 メル吉のハテナだらけ Powered by AFFINGER5