イルカ漁の反対理由が全く納得出来ない!この言い分どう思う?

イルカ漁は日本で行われている漁ですが、海外からの反対は物凄く強いです。

ただその反対理由が全く持って論理的でなく納得出来ないものばかりなんですよね。

僕は中立的な立場なのですが、日本でイルカ漁を続ける理由はただ食べるためだけではなく、イルカの数を減らす必要がある人もいるからと聞きました。

イルカ漁を反対する理由だけでなく、イルカ漁をやめない日本の理由もそれまではわからなかったんです。

でもそれが今回わかったので、ここでは

イルカ漁が反対される理由

イルカ漁を続ける理由

この2つについて詳しく書いています。

スポンサーリンク

イルカ漁が反対される理由

海外のイルカ漁反対派の意見を見ていると、

「かわいそう」

「イルカは賢いからダメだ」

「追い込み漁が残酷だから」

このような反対理由が多くありました。

イルカの追い込み漁というのは、和歌山で行われている方法で、イルカの逃げ道を塞いで、捕獲するといった方法です。

確かに残酷かもしれませんが、それってイルカに限ったことではないと思います。

豚だって牛だって、食べるために育てて、急に殺す訳ですよね?その方がよっぽど残酷だと思います。

というよりそもそも人間が食べるために殺している動物の殺し方に大差はないと思います。

なのに、イルカの場合だけ過剰に「残酷だ」と反対されることには凄く違和感がありますし、納得できる理由に思えません。

賢いことが理由?

イルカ漁の反対理由として他で多いのが、

賢いからダメ

といった意見です。

イルカは人間の次に全体の重量における脳の比率が多いそうです。

イルカ同士で喋ったり、仲間で動いたり、生活するなど知能が高い動物として認められています。

なので、そういった知能の高い動物を殺すのは間違っているという反対理由ですね。

でもこれに関しても、

「賢いからダメ」

「頭が悪いから良い」

っていう判断基準が良くわからないですよね?

なので、これに関してもイマイチ理解出来ませんでした。

でもある意見を聞いて少しだけ納得が出来ました。

スポンサーリンク

その意見というのが、イルカは知能が高いゆえに、追い込み漁にあった時に、恐怖やストレスを感じているのではないかということです。

ようは他の動物よりも知能が高いので、それだけ恐怖を感じさせてしまっているから、殺すのが残酷だということです。

確かにそう考えると、知能の高い低いで恐怖の大きさが変わるとすれば、イルカを殺すことは他の動物を殺すよりも残酷なことなのかもしれません。

イルカ漁を続ける理由

僕はイルカ漁だけを必要以上に反対する海外の気持ちもわかりませんでしたが、かたくなに続ける日本の気持ちも正直わかりませんでした。

というのもイルカを食べるなんて、そうそうないことですよね?

実際にイルカを食べたことがある人の方が圧倒的に少ないと思います。

そう考えると、食用以外だとせいぜい水族館で必要とされる程度なので、そこまで捕る必要がないということです。

でも僕が知らないことだったのですが、イルカは漁師にとって貴重な貝や魚などを食べてしまうそうです。

僕らにとってもそうですが、魚貝をとってそれで商売をしている漁師さんからすれば死活問題ですよね。

なので、イルカを食べる目的でなくても捕獲して量を減らす必要があるとのことです。

人間に何かしらの害を与える動物は駆除されることは他でもあることなので、そう考えるとイルカ漁が続けられる理由がわかってきますね。

まとめ

僕個人はイルカ漁に対して反対でも賛成でもありません。

ただ海外の必要以上に感じる反対意見には少し疑問を覚えます。

日本にもしっかりと理由がある訳なので、そこは強く出て欲しいと思うばかりです。

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヒヨドリとムクドリの見分け方!鳴き声、大きさ、習性の違い

絶滅危惧種の原因は人間のせいと判明!あの生き物までいなくなるかも。