病気や健康

インフルエンザ予防になるうがい方法や子供ができない時の対処や教え方!

インフルエンザになると学校も休ませないといけなくなるし、他の子供にうつるのも心配・・・

出来ればかかる前に予防しておきたいですよね。

簡単に出来る予防法といえば、うがいが一番に思いつきます。

でも実際インフルエンザ予防にうがいは効果があるのでしょうか?

もしあるなら効果的なうがいの方法はあるのでしょうか?

また子供でも小さい家庭の場合は、できないっていうケースもありますよね。

そんな時の、うがい以外の予防法や、教え方などについても詳しく書いているので、参考にしてみてください。

インフルエンザ予防になるうがい方法は?

インフルエンザの予防のためにうがいが大事!!と思っている人が多いのですが、実はそれには大きな問題がありました。

というのも、厚生労働省がインフルエンザの予防に効果的だという項目からうがいが外されたことが大きな理由です。

要するに、効果があると認めるのに十分な根拠がないということです。

えええええーって感じですよね。

少しだけその理由について触れておきますが、インフルエンザのウイルスは喉、気道に付着して20分程度で感染してしまいます。

なので、うがいをするにしても、この20分までにウイルスを洗い流せない限りは意味がないってことですね。

現実的に考えて、20分ごとにうがいをし続けるのって不可能ですよね??

だからインフルエンザ予防になるものという項目から外されたって訳です。

では、ここで気になるのが、

「うがいはインフルエンザ予防に全く意味ないの?」

ってことです。

でも結論から言えば、インフルエンザの予防に直接は効果がないけど、感染しにくい体にするためには意味があると言えます。

というのも、うがいをすることで喉の粘液分泌量、血行を促進する、いわゆる防御能力を高める効果があるのです。

またインフルエンザウイルスは乾燥している喉に付着しやすいのですが、喉をうがいによって保湿することで付着しにくくさせます。

だから、インフルエンザ予防にうがいが全く効果がないと言うと、そうではないということがわかりますね!!

うがいの方法は?

そもそもインフルエンザにうがいが効果があるかという話をしてきましたが、肝心のうがいのやり方について書いていきます。

よくうがいするための薬などがありますが、予防という意味では、水で十分だとのことです。

というのも、薬品などでうがいをするとかえって喉に負担をかけることがあるからです。

なので基本的にはうがいは水でやるようにしましょう!!

また他のポイントは、

・うがいの前に手を洗う
・喉をやる前に口の中をゆすぐ

こういったところです。

特別な方法はないので、皆さんがしてきたような普通の方法で大丈夫です。

子供がうがいができない場合はどうすれば良い?

まだ小さな子供の場合、うまくうがいが出来ないこともあるかもしれません。

それに、長い時間うがいができないシチュエーションだったりする時もありますよね。

そんな時にできるインフルエンザ予防として、

・マスクをする
・接触感染もあるので、手洗い、アルコール消毒も効果的。
・適度な湿度を保つ。
・人混みなどは避ける。
・予防接種

マスクや手洗い、人混みを避けるっていうのは誰でもわかるようなことだと思うので、説明が必要なものだけ詳しく触れておきます。

湿度が重要?

インフルエンザは空気が乾燥するとかかりやすくなると言われています。
厚生労働省でも

空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。

引用元:インフルエンザQ&A|厚生労働省

と言われています。

加湿器などで上手く湿度を調節するようにしましょう。

予防接種ってどうなの?

インフルエンザの時期になると必ず出てくるのがこの予防接種の話題です。

気になるのは、本当に効果があるのかってことと、何か副作用はないのか?ってことですよね。

こちらで詳しく書いているので参考にしてください。

インフルエンザの予防接種で副作用はある?意味ない?強制ってあり?

うがいの子供への教え方は?

まだ小さい子供だとなかなか上手くうがいができないことも多いです。

そもそも何歳ぐらいから出来るものなの?って人や教え方が知りたいって人もいますよね。

ここで詳しく書いていきます。

うがいができる年齢は、ばらつきがあって2歳前半ぐらいまでだと、できない子がけっこういます。

そこまで無理に早くさせる必要もないので、その場合は3歳ぐらいまでゆっくり教えてあげるようにしましょう。

まずは、のどに当てないぶくぶくうがいから始めて、慣れたら上を向いたガラガラうがいを教えてあげましょう。

ぶくぶくうがいは、「ぐちゅぐちゅ、ぺー」と言いながらしてしてごらん?と一緒にしてあげるように教えていました。

ガラガラうがいは、「上を向いて、あー」と言ってごらん?と教えてました。

そしたらいつのまにかできるようになっていたって家庭が多いみたいですね。

保育園でも教えてもらえますし、焦らずじっくり教えてあげて下さいね^^

まとめ

子供がインフルエンザにかかると思ったら心配ですよね。

どうしても周りがかかると一気にかかってしまうのがインフルエンザです。

特に子供はかかりやすいので気をつけてあげたいところです。

ここでかいたうがいだけでなく、予防法を全体的にやってあげると良いですよ。

-病気や健康
-, ,

© 2021 メル吉のハテナだらけ Powered by AFFINGER5